神戸市須磨区 名谷 【いわくら脳神経外科頭痛クリニック】

いわくら脳神経外科頭痛クリニック院長 岩倉昌岐 お問い合わせは診療時間内に 078-798-3520
HOME院長あいさつ診療のごあんない頭痛外来について
頭痛外来について
頭痛には、慢性的な原因のない一次性頭痛と、くも膜下出血や脳腫瘍などのような
原因のある二次性頭痛があります。
一次性頭痛
脈打つようなズキンズキンとした痛み
動くと余計ひどくなる
吐き気をともなう
光、音、においに異常に敏感になる
突然、目の前にキラキラした光が見えたり、目が見えにくくなる
片方の目の奥がえぐられるように痛い
痛い方の目から涙が出たり、鼻が出たり詰まったりする
ある一点だけが刺し込まれるように痛く、触られると激痛が走る
長い間、ひと月に10〜15日は鎮痛剤を飲んでしまう
このような頭痛があるときは、当クリニックにご相談ください。
二次性頭痛
代表的なものにくも膜下出血、脳動脈解離(血管が裂けること)、脳腫瘍、髄膜炎などによる頭痛があります。以下のような頭痛がありましたら、早急に詳しい検査をお薦めします。

今までに経験したことがない(普段と違う)頭痛
手足のマヒやしびれ、言葉がうまくしゃべれない、ものが二重に見えるなどの神経症状を伴う頭痛
けいれんを伴う頭痛
高熱を伴う頭痛
意識障害を伴う頭痛
このページのTOPへ
頭痛診療の流れ
頭痛外来問診票への記載
診察

画像検査

内服処方 服薬指導

定期的な頭痛の経過観察
採血による頭痛増悪因子の確認
脳波検査

このページのTOPへ
MRI検査
当クリニックではHITACHI open MRI(AIRIS VENTO)
http://www.hitachi-medical.co.jp/open-mri/)を導入しております。オープン型であり、従来のドーム型にあった閉塞感や大きな音も圧倒的に少なく、安心してお受けいただけると思います。医療技術の進歩により、今やMRIは必須の検査の一つになっております。脳疾患や脊椎脊髄疾患を患われている方、それらの疾患がないかどうかを御心配の方は、いつでも対応させて頂きますので、お気軽にお申込みください。
近在の先生方には、中枢神経領域以外の全身MRIにも対応致しますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。
MRI撮影室
MRI検査をご依頼の医療施設様へ
当クリニックはオープンMRI装置0.3テスラ日立製AIRIS Ventoを導入しております。
患者さまにMRI検査を受けていただくにあたり必要書類(PDFファイル)を事前にダウンロードしていただけます。

MRI検査ご依頼施設様へのお願い
MRI検査における造影剤投与に関する同意書
MRI検査予約票
診察情報提供書(MRI検査依頼票)
このページのTOPへ
脳波検査
検査はお部屋を暗くして行います脳波検査は、頭皮に電極を装着して、脳の活動を電位で評価するものです(針は刺しませんので痛みはないです)。従来は、てんかんの治療に用いることがほとんどでした。

しかし、慢性頭痛(特に片頭痛)は、てんかんに似ている部分が多いと言われており、個々の病態把握と治療方針決定のために、積極的に脳波検査が行われるようになってきました。

また、一部の耳鳴り、不眠、もの忘れでも、同じようなことが影響している場合もあり、当クリニックでは、そのような患者様にも積極的に脳波検査をお薦めしております。
このページのTOPへ
頸動脈エコー
生活習慣病やメタボリックシンドロームにより引き起こされる動脈硬化のレベルを精査し、将来の脳梗塞や一過性脳虚血発作の危険性を調べておくことによって、ご自身の体調管理と予防対策をすることができます。所要時間は15分程度です。

エコーの画像

このページのTOPへ

頭痛診療の流れ
MRI検査
脳波検査
エコー
いわくら脳神経外科頭痛クリニック 〒654-0154 神戸市須磨区中落合3丁目1番10号 LUCCA名谷3F TEL 078-798-3520
Copyright (c) Iwakura Neurosurgical Clinic. All Right Reserved.